スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大仁田氏応援で松山千春が「恋」熱唱…長崎県知事選(スポーツ報知)

 今夏の参院選の前哨戦となる長崎県知事選は21日、投開票される。現職の金子原二郎氏(65)が3期で引退し、同知事選としては過去最多の7人が立候補。各候補者は20日、最後のお願いに奔走した。

 選挙戦は「民主党VS自公」の与野党対決を軸に展開されたが、“第三勢力”元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏(52)は、諫早市などで遊説した。演説会では、歌手の松山千春(54)が選挙期間中、2度目となる緊急参戦。「金子知事の12年間で何が変わったのか? 借金が増えただけだろう。1回でいいから、こいつにやらせてほしい」。約400人が集まった会場で、自身のヒット曲「恋」を披露するなど、大仁田氏支持を訴えた。

 激励を受けた大仁田氏は、しがらみのなさや完全無所属であることを強調。「副知事から知事になるのも、官僚から知事になるのも、世襲でしかない」と絶叫した。宮崎県の東国原英夫知事(52)を意識し、「俺は悪く見えるが一度も警察に捕まったことはない」と自慢。「どげんか、長崎、ファイヤー」と、いつもの通り締めた。

 【関連記事】
こうせつ&小田&千春 夢の共演…9・20つま恋「サマーピクニック」
「サマーピクニック」が復活!こうせつ還暦ライブだ!
猪木氏 朝青へ「相談に来い」…WWE名誉殿堂認定式
タイガーマスク、巨人カラーの覆面でキャンプ訪問する!
金子原二郎 民主党 参院議員 を調べる

長崎知事選、21日投票=「政治とカネ」の影響注目(時事通信)
宿泊場所1万7000人分提供=年末年始の困窮者対策実績-政府(時事通信)
店内で2人刺され負傷=殺人未遂容疑で逮捕-大阪府警(時事通信)
日本主導で核軍縮会議=今年後半の開催目指す-岡田外相(時事通信)
<ニュートリノ>295キロ離れた所で検出に成功(毎日新聞)
スポンサーサイト

<不適切資産運用>新潟・愛知農業共済連に報告命令 農水省(毎日新聞)

 農林水産省は19日までに新潟・愛知両県の農業共済組合連合会が不適切な資産運用を行っていたとして、改善策や責任の所在を明らかにするよう求める報告徴求命令を出した。3月下旬までに報告を求め、内容次第で業務改善命令も出す。19日の閣議後会見で赤松広隆農相が明らかにした。また、赤松農相は大村秀章自民党衆院議員が会長を務める愛知県の連合会について「税金が入っている団体で(政治家が会長に就任しているのは)望ましくない」として、大村氏の会長辞任を促した。

 農水省によると、新潟県の連合会は01~06年度、値上がり益を狙って約200回にわたる国債の短期売買を繰り返し、約29億円の損失を出した。愛知県の連合会は、農業災害補償法に基づき取得が禁じられている海外の債券を額面で18億円保有。09年8月時点で5億8300万円の含み損を抱えているという。新潟県については09年10月に農相あてに送られた匿名の投書が契機で発覚。愛知県は定例の立ち入り検査で判明した。

 農業共済は、災害などの被害に備えて農家が加入する公的保険。一部は強制加入で、国が掛け金や事務費のおおむね半額を補助しており、特別会計を通じて再保険も行っている。農水省は10年1月、議員などが会長に就任している状況を改めるよう担当局長名で通知していた。【行友弥】

【関連ニュース】
水門談合:8社に損害金6億3000万円を請求 農水省
不正経理:農水省で427件 契約1億円 04~08年度
農水省:データ捏造で職員を追加処分
不正経理:農水省、1億円 私的流用確認できず--04~08年度
農水省のデータ捏造問題:職員を懲戒処分

拉致問題担当相、脱北者受け入れを緩和(産経新聞)
日本郵政、業務自由化を要望=かんぽの宿、一部を介護施設に(時事通信)
<脅迫>生徒父親に中傷文書送った疑い 高校教諭逮捕 福岡(毎日新聞)
東大阪市のDVD店に強盗、22万円奪う(産経新聞)
平成電電広告掲載「不法でない」=新聞社側が勝訴-東京地裁(時事通信)

母親殺害容疑で58歳長男を逮捕 東京・葛飾区(産経新聞)

 17日午前4時40分ごろ、東京都葛飾区東立石のマンション2階の玄関で、この部屋に住む木口登志子さん(81)が腹から血を流して倒れているのを管理人が発見し、110番通報した。駆けつけた警視庁葛飾署員に対し、そばにいた長男が「自分が包丁で刺した」と話したため、同署は殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。木口さんは搬送先の病院で死亡が確認された。同署は殺人容疑に切り替え捜査している。

 逮捕されたのは、無職、木口辰弘容疑者(58)。同署の調べによると、辰弘容疑者は16日深夜から17日未明までの間に、室内で木口さんの腹を刃物で刺した。木口さんは肋骨(ろっこつ)が折れ、顔にも打撲の跡があったという。凶器の刃物が見つかっておらず、同署で捜索している。

【関連記事】
78歳母親を殺し110番、49歳男逮捕 大分
「介護に疲れた…」 車いすの母親絞殺で長男を逮捕 兵庫県警 
母親殺害で男を逮捕 瀬戸内海へ飛び込む「死にきれなかった」
1歳、4歳と無理心中? 母親、殺人未遂と自宅に放火容疑で逮捕
36歳長女が同居の両親刺す 東京・福生、殺人未遂で逮捕

火災 高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)
捕鯨、日本と対立激化 シー・シェパード、具体策に触れず(産経新聞)
火災 住宅の一部焼き女性死亡 男性が重傷 東京・大田(毎日新聞)
小沢氏らの国会招致など申し入れ 衆院議長に野党4党(産経新聞)
<交通事故>米子自動車道で正面衝突、3人死亡4人重軽傷(毎日新聞)

検疫などインフル対策を検証へ=政府本部、厚労省(時事通信)

 足立信也厚生労働政務官は19日、政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)が、新型インフルエンザ対策が適切だったかどうかの検証を今年度内に始めることを明らかにした。厚生労働省も連携して検証作業に入る。
 厚労省によると、検証対象は「水際対策」として空港で行った検疫や、他国が取った対応との相違など。 

最高税率上げ検討=所得税改革で-菅財務相(時事通信)
労組の違法献金「許されぬ」=鳩山首相(時事通信)
排煙設備が基準満たさず=窓に板、機械なく-居酒屋火災で区調査・東京(時事通信)
五輪フィギュア 高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
スキーで衝突、2人死傷=中級者コースで-北海道(時事通信)

# 【党首討論】「民主党も設置に賛成」政治資金規正法改正の与野党協議機関で鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日の党首討論で、企業団体献金の全面禁止に向けた政治資金規正法改正のための与野党協議機関設置について、「党代表として申し上げれば、民主党としても設置に賛成したい」と述べた。公明党の山口那津男代表に答えた。

【関連記事】
民主党に自浄作用なし!?石川シッポ切りの次は裏金疑惑
北教組の違法献金事件 民主に動揺広がる
民主離党の石川議員「一議員として職責果たす」
納税者は皆、怒っている 国税は悪質脱税を告発せよ
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査

<化学物質過敏症>後遺症が初の労災認定 眼球運動障害で(毎日新聞)
首相、廃止の民主政調「復活させず」(産経新聞)
橋下知事“空港維持”豊中市長を批判 廃港派選挙応援は撤回(産経新聞)
公共施設の全面禁煙通知へ=飲食店や娯楽施設も-厚労省(時事通信)
毎日記者らの賠償確定 連載記事で名誉棄損(産経新聞)

郵便局長の定年延長を検討=亀井担当相(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相は14日、広島県福山市内のホテルで開かれた郵便局長らの会合であいさつし、「今の時代、まだ元気な人間が早く隠居するような状況ではない。定年制についても変えていく」などと述べ、郵政事業の見直しに併せ、郵便局長らの60歳定年の延長を検討する考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)
<雑記帳>さあ、みんなで「レッサーパンダ体操」を(毎日新聞)
【風】期待はずれ?高速無料化(産経新聞)
「表に出せない金、記載せず」=民主・小林氏資金団体の会計担当者(時事通信)
労組の違法献金「許されぬ」=鳩山首相(時事通信)

<五輪フィギュア>小塚選手にエール…元五輪代表の父(毎日新聞)

 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子は17日(日本時間)にショートプログラム(SP)が行われ、名古屋市出身の小塚崇彦選手(20)=トヨタ自動車=が、出場30人中22番目に登場する。自らも五輪に出場した父嗣彦(つぐひこ)さん(63)は「自分の力を出し切ってほしい」とエールを送る。

 ◇17日にSP…男子

 小塚家には3代にわたるフィギュアの系譜がある。小塚選手の祖父光彦さんは愛知県スケート連盟の創設に携わった。光彦さんから指導を受けた嗣彦さんも、全日本選手権3連覇や68年グルノーブル五輪出場などの実績を残した。

 光彦さんの指導は厳しく、競技をやめることさえ許されなかった。「だから反面教師なんです」と言う嗣彦さんは、父から続く道を強制しなかった。アイスホッケーやサッカー、ダンスなどに親しんだ小塚選手が自らフィギュアを選んだのは小学校高学年の時。ただし、知り合いだった佐藤信夫・久美子夫妻にコーチを頼んだ。「親子が師弟になることはない」。自分の経験による判断だった。

 「私の方が器用だが、崇彦の方が努力する。やめたいと言ったことがない」と嗣彦さん。06年世界ジュニア選手権、08年スケートアメリカで優勝するなど着実に成長した小塚選手は、昨年末の全日本選手権で3位に入り、五輪出場を決めた。

 早大3年時に五輪に出場した嗣彦さんは「参加することに意義がある、の言葉通り。競技のことはあまり覚えていない」と苦笑いをする。トヨタ自動車の社内留学制度で中京大に通う小塚選手も現在3年生。嗣彦さんは五輪を巡る不思議な縁も感じる。

 「最近は私のアドバイスに自分の考えを言うようになってきた」と、息子の成長を感じている。「出発前には風邪を引かない、おなかを壊さない、けがをしない、と伝えた。親としてはまずは万全の体調で自分の力を発揮してほしい」。先輩として、父親として小塚選手を見守る。【村社拓信】

【関連ニュース】
フィギュア:親子2代で栄光の舞台…小塚選手が五輪切符
全日本フィギュア:高橋、小塚が五輪へ 3代表出そろう
全日本フィギュア:高橋がSP首位 小塚2位、織田3位
五輪フィギュア:高橋ら公式練習「心配ない」
バンクーバー五輪:フィギュアの小塚崇彦が現地へ出発

<マンション計画>芦屋市が不認定 景観地区指定自治体で初(毎日新聞)
<雑記帳>飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園(毎日新聞)
滋賀・嘉田知事が出馬表明 「もったいない」生かす社会を(産経新聞)
暗号で「整備は不要」伝達…神奈川いすゞ不正車検(読売新聞)
米子自動車道で正面衝突=3人死亡、4人けが-鳥取(時事通信)

新宿の飲食店で異臭?騒ぎ 女性6人が不調訴え(産経新聞)

 16日午後0時15分ごろ、東京都新宿区新宿にあるビル2階の飲食店から「塩素のようなにおいがする」と119番通報があった。東京消防庁によると、消防隊員が到着したところ、異臭はなかったが、女性6人がのどの痛みなど不調を訴え、病院に搬送された。いずれも軽症で、自力で歩けるという。

 飲料水を飲んだ人がのどの痛みを訴えているという情報もあり、同庁と警視庁新宿署が原因を調べている。

 現場は新宿駅から東約300メートルにある繁華街の一角。

【関連記事】
メトロ異臭、石材業男性が塩酸入り容器割る
交番で異臭…不審なペットボトル 硫化水素か
熊本大学食で異臭騒ぎ 職員8人軽症
地下鉄トイレで異臭騒ぎ 大阪、塩素系洗剤が原因
機内で異臭、引き返す 成田発のJAL系機

<鳩山首相>小沢、石川氏に「説明義務」(毎日新聞)
<ユキヒョウ>世界最高齢、パトラ死ぬ…名古屋・東山動物園(毎日新聞)
3カ月長男虐待、父親逮捕=「泣きやまず腹立った」-大阪府警(時事通信)
夫婦で仲良く同日逮捕=窃盗と横領容疑、別事件で-宮城県警(時事通信)
北海道教職員組合を捜索=民主・小林議員に選挙資金-規正法違反容疑・札幌地検(時事通信)

都内で火災相次ぐ 男性2人死亡(産経新聞)

 12日午前5時15分ごろ、東京都練馬区中村北の木造2階建て住宅から出火。1階部分の約50平方メートルが焼け、約1時間10分後に消し止められた。警視庁練馬署などによると、この家に住む無職、佐藤隆長(たかひさ)さん(92)が1階から救出されたが、病院に搬送後、死亡が確認された。妻(90)も軽いやけどを負った。

 また、6時15分ごろには、江戸川区西葛西の鉄筋2階建て住宅から出火、約50平方メートルが焼けた。葛西署によると、1階の居間から男性の遺体が見つかった。同署は、この家で1人暮らしをしていた青木延之さん(31)とみて身元の確認を急いでいる。

【関連記事】
電源コード断線火災事故 ドライヤーが最多の61件
「給料安くいらいら」放火容疑で27歳の風俗店員の女を逮捕 警視庁
住宅火災、70代の夫婦?が死亡 東京・練馬
義務化の火災警報器、どうしたらいいの? 取り付けは正しい場所に
東京・墨田区で民家火災、女性死亡

郵政グループ、3社体制に=政府が改革素案(時事通信)
国家公務員幹部、内閣が「適格性審査」(読売新聞)
窃盗 カーナビ被害件数、過去最多に 高級車盗も大幅増加(毎日新聞)
共同採用へ協定締結=小学校教員-秋田県・東京都両教委(時事通信)
医療を取り巻く諸問題で討論―「医療政策サミット2010」(医療介護CBニュース)

次官から部長に降格も=官邸主導で幹部人事-公務員法改正案(時事通信)

 政府は9日午前の内閣府政策会議で、今国会に提出する国家公務員法改正案を与党に示した。内閣官房に「内閣人事局」を新設し、首相官邸主導で各省の幹部を選任するのが柱。事務次官を局長級と同格とみなし、局長級への降格を行いやすくする。勤務実績が劣る場合はさらに部長級まで降格する規定も盛り込んだ。12日に閣議決定する。
 改正案によると、首相は適格性に関する審査を行った上で、省庁横断の幹部候補者名簿を作成。名簿の中から適切な人材を選ぶ仕組みとすることで、幹部人事を一元管理する。
 各省幹部の任命権は閣僚にあるが、任免に当たっては「あらかじめ首相および官房長官に協議する」と明記。さらに、「首相または官房長官は、内閣の重要政策を実現するために必要があると判断するときは、任命権者に対し、幹部職員の任免について協議を求めることができる」と定め、官邸主導の徹底を図った。
 事務次官については「(局長級と)同一の職制上の段階に属するとみなす」と規定。勤務実績が劣る次官・局長級は「その意に反して(部長級への)降任を行うことができる」とも踏み込んだ。公募制にも言及し、民間から人材を登用できるようにした。
 内閣人事局長は、首相が官房副長官の中から指名する。初代局長には松井孝治副長官の起用が固まっている。政府は4月1日の人事局設置を目指す。 

【関連ニュース】
局長ら幹部に面談実施へ=人事の「事前調査」と警戒も
評価項目ごとに研修=国家公務員に新設
内閣人事局長に松井副長官=政治主導を推進へ
縦割り人事打破が狙い=実効性は不透明

午後にリコール届け出へ=プリウス不具合問題-トヨタ(時事通信)
高速無料化のCO2影響試算=小沢環境相(時事通信)
北教組事務所を捜索、民主・小林議員側への資金提供疑惑(産経新聞)
<追い出し屋>被害者の会 11日に結成(毎日新聞)
<北野誠さん>処分解除 20日に興行出演(毎日新聞)

「リアル鳩カフェ」初開催=お茶飲みながら国民と懇談-鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は14日午後、首相官邸に国民を直接招いて懇談する官邸茶房「リアル鳩カフェ」を初開催した。今回のテーマは「子育て」で、メールで応募者を募り、子育て中の男女10人を選定。参加者は首相とお茶を飲みながら、約80分間話し合った。
 首相はノーネクタイのカジュアルなシャツ姿。懇談では、参加者から東京の狭い住宅事情が少子化につながっているという意見や、子ども手当の財源を心配する声などが出た。
 首相は国民と接する機会を増やそうと、昨年末からネット上で公式ブログ「鳩cafe」や会員制登録サイト「ツイッター」を開始。今回は直接、国民と意見交換する場を設けることにした。同席した平田オリザ内閣官房参与によると、首相は「大変有意義だった。ぜひ続けてやりたい」と述べていたという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
子ども手当、11年度満額支給見送りも=鳩山首相「借金残したくない」
鳩山首相母の喚問へ「妥協せず」=自民党の谷垣総裁

南青山の強殺 無職の男を起訴(産経新聞)
銃撃漁船の2船長逮捕、漁業調整規則違反容疑(読売新聞)
圧倒された菅氏「冷静な与謝野氏の言葉とは思えない」(産経新聞)
首相自ら献金疑惑はらすべきだ、と谷垣氏(読売新聞)
「バチッ」と痛い静電気 冬季平均115回 最多県は高知226回(産経新聞)

無理心中図り妻を殺害=法務局統括登記官を逮捕-大阪府警(時事通信)

 9日午前8時50分ごろ、大阪府東大阪市中鴻池町のマンション管理人から、「女性が首を絞められた」と110番があった。府警河内署員が駆け付けると、一室で女性が首を絞められ死亡しており、男が「妻の首をネクタイで絞めた」と供述したことから、同署は殺人容疑で逮捕した。
 同署によると、逮捕されたのは、大阪法務局第2法人登記部門の統括登記官尾嶋誠容疑者(57)。同容疑者は「自分も睡眠薬とアルコールを飲んで無理心中しようとした」と話しており、同署が動機などを調べている。 

石川被告進退、民主に離党論 「まず本人意思」首相辞職言及(産経新聞)
国内後発品大手3社は大幅な増収増益(医療介護CBニュース)
性犯罪の再犯防止はどこまで可能か(産経新聞)
磯谷香代子議員 「フリーター」実は「資産家」(毎日新聞)
首相動静(2月13日)(時事通信)

大村市議会決議「反対で結構」=普天間移設先めぐり官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は12日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に海上自衛隊大村航空基地(長崎県大村市)が浮上している問題で、同市議会が受け入れ反対の決議を採択したことについて「決議されたならされたで結構だ」と述べた。その上で「(沖縄の)負担軽減と危険性除去という役割の中で、どこがいいのか検討に入る」と語った。
 平野氏の発言は、政府・与党の沖縄基地問題検討委員会でゼロベースで移設先の候補地を探る考えを強調する狙いがあったとみられるが、地方議会軽視と受けとられかねず、批判を招く可能性もある。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

共同採用へ協定締結=小学校教員-秋田県・東京都両教委(時事通信)
<大阪・橋下知事>府立高、撤退ルール検討 「私立と競争、選別強化」(毎日新聞)
広島高裁長官に寺田逸郎氏=最高裁(時事通信)
小学生の列に車、5人負傷=茨城(時事通信)
クレーン車 バスに追突、アームが窓ガラス破り7人軽傷(毎日新聞)

死刑制度容認85・6% 「廃止」大幅に上回る 内閣府調査(産経新聞)

 死刑について、「場合によってはやむを得ない」と容認する声が85%を超え、否定的な意見を大幅に上回っていることが6日、内閣府の発表した「基本的法制度に関する世論調査」で分かった。また、政府の法制審議会で「廃止」が検討されている殺人などの公訴時効についても初めて調査され、54・9%が「短い」と回答。結果について、法務省は「死刑は肯定的に受け止められ、時効制度見直しも求められている」と説明している。

 調査は昨年11月~12月、全国の成人3千人に面接で実施。64・8%(1944人)から回答を得た。

 死刑制度について、「場合によってはやむを得ない」と肯定する回答が85・6%で、「どんな場合でも廃止すべきだ」の5・7%を大幅に上回った。平成16年の前回調査で肯定したのは81・4%で、約4ポイント増。死刑についての世論調査は昭和31年から9回目で、質問はやや異なるものの、死刑容認派は今回が過去最多だった。

 死刑容認の理由(複数回答)では、「被害者や家族の気持ちが収まらない」「凶悪犯罪は命をもって償うべきだ」「廃止すれば犯罪が増える」が多かった。廃止の理由(同)では「生かして償いをさせた方がよい」「裁判に誤りがあったとき、取り返しがつかない」との回答が目立った。

 死刑を容認するうちの約6割が「将来も廃止しない方がよい」とした。

 一方、殺人など死刑の可能性がある重大犯罪が25年で時効となることについて、「短い」と考える人は54・9%で、「長い」とした10・0%を上回った。「短い」と答えた人に見直し策を聞いたところ、49・3%が「時効廃止」と答えた。

 「短い」と答えた理由(複数回答)では、「時間の経過で犯人が処罰されなくなるのはおかしい」(79・8%)が最多。「長い」と答えた理由(同)には、「正しい裁判を行うための証拠が集めにくくなる」などが挙げられた。

【関連記事】
世田谷一家殺害なども時効廃止の可能性
殺人の時効廃止 法制審部会で改正骨子案
【私も言いたい】死刑制度 「必要」が9割超
千葉法相 死刑執行に慎重、人権救済機関に意欲
裁判員制度で産経・FNN合同世論調査 質問と回答

<内閣府世論調査>死刑容認が85.6%で過去最高に(毎日新聞)
エコカー補助金制度延長 車選び、色もポイント(産経新聞)
<原口総務相>公務員法の改正案 現行案では受け入れられず(毎日新聞)
貴乃花親方当選 「角界フレッシュに」(産経新聞)
「女子高生を妊娠させた」ニセ60代弟が80代兄だます(産経新聞)

石川議員の辞職勧告決議案を午後提出へ 自公両党とみんなの党 陸山会の政治資金規正法違反事件で(産経新聞)

 自民、公明両党は4日、政治資金規正法違反容疑で逮捕された民主党衆院議員の石川知裕容疑者が同日午後に起訴されたら、ただちに議員辞職勧告決議案を国会提出する。決議案にはみんなの党も名を連ねる。

 自民党の川崎二郎国対委員長は4日午前、党の会合であいさつし、決議案について社民、共産両党に賛同するよう呼びかけることを表明した。また「今後国会で審議する法案は、決議案の扱いをきちんと決めてから取り扱っていきたい」と述べ、決議案の対応を最優先にすべきだと方針を強調した。

 公明党の山口那津男代表は同日午前に開かれた党の中央幹事会の冒頭、「(捜査の)結果を踏まえ、国会で全容解明をさらに尽くすとともに、本人の説明責任をしっかり求める。内容によっては政治責任が問われる場面も出てくるだろう」と述べ、民主党の小沢一郎幹事長にさらなる説明を求めていく考えを示した。

【関連記事】
社民・重野幹事長「(石川容疑者は)議員辞職に値する」 辞職勧告決議には慎重 政治資金規正法違反事件で
小沢氏事件で、東京地検が「週刊朝日」に異例の抗議文
小沢氏、不起訴で幹事長続投へ 残る疑惑、「参院選前にひと山」?
石川容疑者らの供述変遷 「保身」から転換? 4億円不記載事件 
小沢氏不起訴へ 嫌疑不十分、政治資金収支報告書への4億円不記載

官房長官、小沢氏辞任論「世論調査、一概に判断できない」(産経新聞)
大仁田氏「ファイヤー」連発!号泣も…長崎県知事選告示(スポーツ報知)
【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(2)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
「これ以上の説明はない」=規正法違反、石川議員の辞職に否定的-小沢氏(時事通信)
田村参院議員、民主党入党へ…参院会派で半数に(読売新聞)

来年度の障害者向け補装具の価格改定案―厚労省(医療介護CBニュース)

 障害者自立支援法における補装具の調査・検討などを行う厚生労働省の「補装具評価検討会」はこのほど、来年度の補装具の価格改定案を取りまとめた。

 2006年4月の障害者自立支援法の施行に伴い、厚労省は補装具の基準価格を毎年改定しているが、一部の補装具においては、当初設定した構造や基準価格が実態に合っていないとの指摘もあることなどから、価格改定ルールの検証・明確化を進めている。
 例えば、基準価格が10万円の「普通型」の車いすの場合、基本構造では10万円以内に収まったとしても、障害や生活状況に応じて機能のオプションを付加することで、実際には20万円を超える場合もあるほか、オプションを付加した車いすは、通常は価格の上限設定がない「特例補装具」として処理されるが、適正価格の判断があいまいになっているなどの指摘があった。
 改定案では、車いすや電動車いすにオプションごとの基準価格を設定するほか、車いすのオプションを追加した場合、最大10%の加算が可能となる「特別調整」を廃止することが適当としている。
 また、02年度に設定された現行の電動車いすのバッテリーの基準価格に比べ、実勢価格が2割程度高いことから、基準価格を改定するとしている。
 このほか、車いすの耐用年数についても、耐久性の向上に伴い、現行の5年から6年に引き上げることが示された。


【関連記事】
障害者の定義を「社会モデル」へ―制度改革推進会議
「障がい者制度改革推進会議」が初会合-夏めどに基本方針
自立支援法施行後、9割近くの利用者が実負担額増-厚労省調査
障害者自立支援法の廃止を当事者に明言-長妻厚労相
障害福祉サービスの利用支援で提言―東社協

<普天間移設>日米関係、危機的状況ではない 米国防次官補(毎日新聞)
支援者に議員辞職否定=石川議員(時事通信)
神戸←→茨城 スカイマーク記念便“即日完売” 定期便に空港も期待(産経新聞)
<長崎知事選>最多7人立候補(毎日新聞)
<着服>司法書士が「過払い金」、和解書改ざんし 富山(毎日新聞)

「白っぽい上着の男に注目してください」再現される被告の行動 (産経新聞)

【秋葉原17人殺傷 第2回】(2)

 《検察側の証拠調べは、亡くなった中村勝彦さん=当時(74)=や川口隆裕さん=当時(19)=ら3人が、加藤智大(ともひろ)被告(27)のトラックにはねられた状況に触れていく。検察側は、法廷に設置された大型モニターに証拠品を映し出しながら、ゆっくりとした口調で説明してきたが、途中から、証拠となる画像に被害者が写っているためか、大型モニターの電源を切った。傍聴席には、画像が示されないまま検察官の説明が続く》

 検察官「トラックが(事件現場の交差点)中央に移動しました。トラックの後方に川口さんが倒れている姿が確認できます。直後の画像では、交差点内に川口さん、横断歩道上にAさん、Fさん、Gさんが倒れている姿が確認できます」

 《Fさん、Gさんはトラックにひかれたのではなく、加藤被告に切りつけられた被害者だ。画像が別の防犯カメラで撮影されたものに移ったようだ。撮影されたのは、平成20年6月8日午後0時33分30秒だ》

 検察官「中央やや上の丸印にトラックが止まっています」

 《傍聴席からは見えないが、裁判官席などの小型モニターでは、そのときの防犯カメラの画像が拡大されているようだ》

 検察官「1と書かれた矢印の先に、白っぽい上着の男が見えます。Vの矢印の先に写っているのがDさんです」

 《Dさんは、トラックから降りた加藤被告にダガーナイフで背後から刺された被害者だ。画像が秒単位で切り替えられているようだ。弁護人席前に座っている加藤被告には、モニターの映像は見えていないようだが、検察側が続ける説明を微動だにせず聞き入っている》

 検察官「白っぽい上着の男やDさん、同伴者の女性が写っています。直後の画像では、同伴者の女性がDさんを抱えている様子が確認できます」

 《画像はDさんが女性に支えられて歩いている姿に変わったようだ。しかし、大型モニターは消えているため、傍聴席からは見えない。さらにその後の画像に移っていく》

 検察官「Dさんが女性に支えられて、外神田3丁目交差点に歩いている姿が確認できます」

 《検察側の冒頭陳述などでは、Dさんは、トラックから降りた加藤被告にダガーナイフで背後から刺され、全治半年の重傷を負ったという。刺された直後、息苦しさのあまり歩道上に座り込んだDさん。突然の惨劇がDさんやこの女性に与えた影響はいかほどだっただろうか。次は、はねられた被害者の救護に駆けつけ、刺されたという○○さん(法廷では実名)が路面に倒れるなどした状況の説明に入る》

 検察官「画像は(平成20年6月8日の)午後0時33分43秒です。中村さん、△△さん(法廷では実名)、○○さん、Gさんの姿が確認できます。あとでビデオを再生するときに、このところを注目してください」

 《大型モニターは引き続き消されたままだ。傍聴席から防犯カメラの画像は確認できないが、次々に切り替わっているようだ》

 検察官「男が交差点中央に向かいます。男が○○さんのすぐ近くにまで接近しているのが分かります」

 《画面には、加藤被告が、さらにGさん、Hさんに次々と接近する姿が映しだされているようだ。△△さんや○○さんが倒れている姿も映し出されているようだ。さらに続く画像には、亡くなった松井満さん=当時(33)=も映し出されているようだ》

 検察官「目撃者が撮影したデジタル写真では、松井さんがカラーコーンを抱えて座っています。時間は午後0時34分19秒。防犯カメラの映像でも、しゃがんでいる人がいますが、松井さんと確認しました」

 《続いて、甲127号証、ソフマップ秋葉原本館の防犯カメラの解析を行った捜査報告書について、検察官が説明する。時間が進むに連れ、加藤被告の背中が徐々に丸まってきた》

 検察官「防犯カメラで写した映像を写真95枚にし、午後0時33分00秒から0時33分59秒までを64枚の写真で順次、映していきます」

 《画像が、1枚3秒間隔でスライドショーのように映し出されているようだ。3人の裁判官は、それぞれの目の前に設置された小型のモニターを食い入るように見ている。村山浩昭裁判長はあごに手を当てて、考え込むように目線をモニターに送る》

 検察官「午後0時33分43秒。左に白っぽい上着の男が映ります。このあと33分59秒まで3秒間隔で映していきますので、白っぽい上着の男に注目してください」

 《白っぽい上着の男とは、加藤被告のことのようだ。検察官はここまで防犯カメラの画像を写真形式で説明してきたが、ここからはビデオテープを流しながら、説明するという。映像には被害者の様子が含まれているため、大型モニターは依然として消されたまま。傍聴席では、裁判の進捗(しんちょく)状況がよく分からないためか、厳しい表情になる人が目立ち始めた。説明を続ける男性検察官は、緑色の封筒からビデオテープを取り出し、デッキに入れた》

 =(3)に続く

【関連記事】
(1)再現される事件当時の進行経路… モニター見つめる加藤被告 秋葉原殺傷第2回ライブ
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
弁護側冒頭陳述「彼にとって掲示板とは何なのか」 秋葉原殺傷初公判
歩行者天国中止、客足減…影響続くも事件は風化 アキバの今を歩く

木嶋容疑者、勾留尋問へ カーディガン被り表情隠す(産経新聞)
<陸山会事件>水谷に5000万円出金伝票(毎日新聞)
日中歴史共同研究 「戦争責任」問う中国 日中戦争死傷者、けた違いの開き(産経新聞)
小沢氏不起訴 識者の声(産経新聞)
寒い!北海道・占冠で氷点下34・4度(読売新聞)

山崎氏、離党せず=自民(時事通信)

 自民党の山崎拓前副総裁(73)は4日午後の山崎派総会で、「民主党の独裁政治に断固、対抗し、自民党の再建を図りたい」と述べ、離党しない考えを表明した。同氏は夏の参院選比例代表での公認を求めていたが、党執行部は「70歳定年制」を理由に公認しないことを決めたため、一時、離党が取りざたされていた。
 総会に先立ち、同派の田野瀬良太郎総務会長は谷垣禎一総裁と会い、山崎氏の意向を伝えた。 

【関連ニュース】
前原氏「自浄能力必要」=千葉氏「刑事責任なら重い」
小沢氏「もう少し頑張る」=参院選に全力
山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」
谷垣氏、遅過ぎた「指導力」=参院選で片山氏ら非公認

ハイチPKO、派遣決定(産経新聞)
地震 「東南海」「三河」の実態 岩手の研究者が本に(毎日新聞)
女性配達員殺される=首に絞められた跡-山梨(時事通信)
<東海道新幹線>架線切れ3時間半不通…15万人に影響(毎日新聞)
土壁塗りに小学生挑戦 練馬区立池淵史跡公園(産経新聞)

予算成立で鬼退治=鳩山首相(時事通信)

 「鬼は不景気だね。不景気よ、飛んで行け。幸せよ、いらっしゃい」-。節分の3日、鳩山由紀夫首相は記者団から「首相にとって鬼と福は何か」と質問され、こう答えた。
 首相は「やはり景気の問題、雇用の問題が大事だ」と指摘。2010年度予算案の早期成立により「そういったもの(不景気)から解放された日本にしたい」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
小沢氏問題をめぐる鳩山首相発言
海自帰国行事に出席へ=鳩山首相

窃盗 宝石2000万円分盗まれる…大阪(毎日新聞)
<臨時接種>規定見直しへ 新型感染症に備え(毎日新聞)
財布の残金は数千円=木嶋容疑者が抜き取りか-連続不審死・埼玉(時事通信)
【中医協】NSTや呼吸ケアなど、チーム医療で3加算を新設(医療介護CBニュース)
スリップ?大型トラックと正面衝突、男性重体(読売新聞)

6千万円超不正請求で介護事業者指定取り消し―神奈川(医療介護CBニュース)

 神奈川県はこのほど、6000万円超の介護報酬を不正に請求していたなどとして、訪問介護事業所などを運営する「株式会社ミリュー」(川崎市)の介護保険法に基づく事業者の指定を取り消すと発表した。取り消しは2月12日付。

 県保健福祉部福祉監査指導課によると、同社が運営する訪問介護事業所「みらい」は、2005年8月の開設から、監査が入った09年10月までの間、一人の利用者に対して一人の訪問介護員がサービスを提供するとしたケアプラン通りのサービスを提供せず、介護報酬計6217万円を不正に請求し、受領していたという。また、他社の勤務者を自社のサービス提供責任者として常勤専従で配置しているなどと虚偽の申請を行っていたという。


【関連記事】
不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市
不正請求で通所介護事業所指定取り消しへ―東京
介護NPO法人が給付費不正請求で指定取り消し―埼玉
介護報酬の不正請求で指定取り消し-静岡の2法人
不適切な請求での返還19億円減の36億円

22年度予算案審議入り、4日に先送り 自民が「個所付け内示」に反発(産経新聞)
<水門談合>国交省、23社に8億円損害賠償請求(毎日新聞)
【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(3)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
<毎日・DAS高校生デザイン賞>大阪で表彰式(毎日新聞)
秋葉原事件初公判、検察側「無視した者への復讐」(読売新聞)

各党代表質問の時間延長=長時間の施政方針受け-衆院(時事通信)

 衆院議院運営委員会は1日午前の理事会で、鳩山由紀夫首相の施政方針演説に対する各党代表質問について、各党に割り当てられた質疑時間をそれぞれ延ばすことを決めた。首相の演説が50分を超える長時間となったため、野党は「演説が長いのであれば、十分な質問時間を確保すべきだ」と求めていた。
 衆院議事課によると、先月29日に行われた首相の施政方針演説の長さは50分48秒で、衆院に記録が残っている1976年12月召集の第80通常国会以降の施政方針演説では最長。このため、各党代表質問は自民党が70分から80分、公明党が35分から40分、共産党が20分から23分、みんなの党が10分から12分にそれぞれ延長されることになった。 

【関連ニュース】
規正法改正案、3月にも策定=今国会成立目指す
省庁再編、参院選後に検討着手=「幼保一元化」11年度に法案
今夜、2次補正衆院通過=来月の集中審議、党首討論で合意
谷垣総裁「疑惑追及し解散迫る」=政権奪還へ結束訴え
守りの首相、説明避ける=政治とカネで自民攻勢

幼い娘の裸で小遣い稼ぎ、母「罪悪感なかった」(読売新聞)
消費税率引き上げ、自民・谷垣氏が公約明記に意欲(読売新聞)
保守勢力を集結 大衆組織設立へ(産経新聞)
「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー氏死去(読売新聞)
ウィルコム、更生法活用を検討=「事前調整型」で再建(時事通信)

<タクシー>乗務距離制限の取り消し求め提訴 近畿の5業者(毎日新聞)

 国土交通省近畿運輸局が、1日に走行できるタクシーの距離を上限250キロに定めたのは不当として、大阪府内で初乗り(2キロ)500円のタクシーを運行する5業者が3日、国に制限の取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こした。「著しく不合理。営業活動が制限される」と主張している。

 近畿運輸局は1月から、大阪市や神戸市、京都市などで毎日乗務するタクシー運転手に対し、1日の最長乗務距離を全国最短の250キロに設定した。タクシーの事故増加が目立つためで、「過剰労働を防ぎ、利用者や運転手の安全を確保する措置」と説明している。違反すると車両の使用停止など行政処分の対象になる。

 また、訴状によると、近畿の基準は全国で唯一、制限走行距離に高速道路走行分(50キロまで)を含めている。業者側は「他地域に比べても不利益を受けている」としている。

 近畿運輸局は「訴状を見ておらずコメントできない」としている。【鳴海崇】

「通勤途中に還付申告を」 大阪国税局(産経新聞)
<臨場率>21年ぶり2割超 検視官増員で効果(毎日新聞)
「10月11日ごろ受領」=小沢氏「貸付金」、石川議員供述-土地購入事件(時事通信)
香港に捜査員派遣へ 銀座の高級時計窃盗事件(産経新聞)
東京地検が2回目の聴取…小沢氏、会見で認める(読売新聞)

秋葉原無差別殺傷初公判 遺族「なぜ事件起こしたのか」(産経新聞)

 どうして息子が死ななければならなかったのか。秋葉原無差別殺傷事件から1年半余り。大学生の長男=当時(19)=を奪われた男性(55)は「真相を知りたい」との思いを胸に、28日の初公判を迎えた。

 あの日、事件を知らされ、現場付近へ駆け付けると、いつも通り自宅から送り出した長男が仮設の遺体安置所で横たわっていた。

 友人と歩いていたところを加藤智大被告(27)のトラックにはねられた。夢だと信じたかったが、司法解剖後に帰宅した亡きがらを見て、長男の死を実感。冷たくなった体を抱きしめ、涙が止まらなかった。

 自宅にはたびたび同級生らが訪れ、思い出を語ってくれた。昨年1月には、長男が出席するはずだった成人式にも参加。「夢や未来を奪われて無念だっただろう」と心情を思いやった。

 昨年11月、加藤被告から手紙が届いた。その時は読む気になれず、約1カ月後に目を通すと、謝罪する一方で「事件のことはよく覚えていない」と記されていた。怒りがよみがえった。男性は「死刑にしてほしいのは当然だが、多くの人を苦しめた事件をなぜ起こしたのか、本人の口から聞きたい」と、公判の傍聴を続けるつもりだ。

【関連記事】
(1)「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪
歩行者天国中止、客足減…影響続くも事件は風化 アキバの今を歩く
秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪
街と社会を大きく変えた…アキバ無差別殺傷事件の傷跡

ダボス会議、首相代理で出席へ=仙谷担当相(時事通信)
事件当日も行動をマーク=捜査員が女のアパートに-鳥取不審死・県警(時事通信)
皇太子ご夫妻が国連大学に(時事通信)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
<爆破予告メール>入間市に送った疑い 中3男子生徒逮捕(毎日新聞)

<読売文学賞>小説賞に高村薫さんの「太陽を曳く馬」(毎日新聞)

 第61回読売文学賞(読売新聞社主催)が決定した。贈呈式は18日午後6時から東京・内幸町の帝国ホテルで開かれる。受賞者は次の通り。(敬称略)

 小説賞=高村薫「太陽を曳く馬」(新潮社)▽戯曲・シナリオ賞=鴻上尚史 戯曲集「グローブ・ジャングル『虚構の劇団』旗揚げ3部作」(小学館)▽随筆・紀行賞=堀江敏幸「正弦曲線」(中央公論新社)▽評論・伝記賞=湯川豊「須賀敦子を読む」(新潮社)▽詩歌俳句賞=河野道代 詩集「花・蒸気・隔たり」(panta rhei)▽研究・翻訳賞=丸谷才一訳 ジェイムズ・ジョイス「若い藝術家の肖像」(集英社)

【関連ニュース】
【新刊本】『高村薫・藤原建 作家と新聞記者の対話』=高村 薫/藤原 健・著
小沢氏団体不透明会計:小沢氏会見 識者の感想
仮処分申請:読売新聞社の異議を地裁却下 広川の販売店主、地位保全決定 /福岡
震災復興フォーラム:被害抑制、備えが大切 高村薫さん講演--中央区 /兵庫
フォーラム:震災復興を考える 関学・災害復興制度研究所、あすから /兵庫

カーナビ盗難、過去最多=自動車本体は6年連続減-地域と車種で明暗も・警察庁(時事通信)
小沢氏なぜ家族名義に?原資4億円に残る疑問(読売新聞)
<名古屋地検>難民申請のルワンダ人、起訴猶予に(毎日新聞)
普天間、5月決着に悲観論=「法的措置」発言が波紋(時事通信)
進次郎氏、美人すぎる藤川市議に猛アタック!「心強い」…自民党大会(スポーツ報知)
プロフィール

かつらよしお

Author:かつらよしお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。